アロマセラピーでメンテナンス Vol.7

今回はアロマトリートメントに使用するブレンドオイルの作り方について紹介します。

アロマトリートメントは、エッセンシャルオイルの有効成分を皮膚から体内に取り入れる方法です。香りを嗅ぎながら、皮膚から有効成分を取り入れるのでエッセンシャルオイルをとても効果的に活用できます。

エッセンシャルオイルは原液で肌に塗布せず、植物油(キャリアオイル)で1%?2%に希釈したブレンドオイルを使用します。

キャリアオイルは色々な種類がありますが、一般的にはスイートアーモンドオイル、またはホホバオイルが使いやすいでしょう。

ブレンドオイルの作り方

●用意するもの(10ml 濃度2%)
キャリアオイル ・・・ 10ml
エッセンシャルオイル ・・・ 4滴
ビーカー
遮光ビン

キャリアオイル10mlをビーカーで量り遮光ビンに入れます。
エッセンシャルオイルを合計で4滴を入れて混ぜるように振ります。
ブレンドオイルは1ヶ月以内に使い切りましょう。

〜キャリアオイルとエッセンシャルオイルのブレンドの割合〜
キャリアオイル 10ml 20ml 30ml
エッセンシャルオイル(2%) 4滴 8滴 12滴
エッセンシャルオイル(1%) 2滴 4滴 6滴

※使用量の目安は全身で20ml、部分には5ml?10mlです。

●ブレンドオイル使用時に注意
治療中、薬を服用中の時は使用しないで下さい。
赤ちゃんや子供、お年寄りの方が使用するときは低濃度(1%以下)で使用して下さい。
妊娠中または妊娠の可能性がある時は使用しないで下さい。
皮膚の敏感な方,アレルギーがある方はパッチテスト(下記参照)を行ってから使用して下さい。
柑橘系のオイル(グレープフルーツ、オレンジ、ベルガモットなど)を皮膚に付けた直後は日光(紫外線)に当たらないで下さい。
●パッチテスト
キャリアオイルまたはキャリアオイルで薄めたエッセンシャルオイルを二の腕の内側に塗り、そのまま24時間?48時間 様子をみて下さい。
何か異常が出たらすぐに洗い流して下さい。

今後は症状別のエッセンシャルオイルのブレンドレシピを紹介してゆきます。

[伊木政江]

先頭にもどる

Posted in メンテナンス / アロマセラピー | トラックバックURL | Trackback (0)

トラックバックURL