アロマセラピーでメンテナンス Vol.5

今回はエッセンシャルオイルを使った湿布の方法をご紹介します。

湿布には温湿布、冷湿布がありますが、今回ご紹介する湿布は、目的によって温湿布として使用したり、冷湿布として使用したりと両方の湿布が出来ます。
またエッセンシャルオイルの効用によって、その時の症状にあった湿布を作ることができます。

温湿布は肩こりなど筋肉を緩めたい時などに、冷湿布は炎症があるときに使用すると良いでしょう。
(炎症がある時や熱がある時は、温湿布を行わないで下さい。)

エッセンシャルオイルを使用した湿布

  1. 洗面器に8分目程度のお湯または水をはります(温湿布の場合は熱めのお湯を、冷湿布の場合は水を入れます)。
  2. 1の洗面器にエッセンシャルオイルを2?3滴たらします。
  3. タオルを短冊状にたたんでエッセンシャルオイルをすくうように浸します。
  4. タオルの端を持って絞り、患部にあてます。
  5. 温湿布は冷めたら、冷湿布はぬるくなったらもう一度タオルを洗面器に浸してこの手順を繰り返します。
●温湿布にオススメのオイル ・・・ ローズマリー、マジョラム
*血液の循環を促進する効果があるので、肩こりなど筋肉を緩めたい時に。
●冷湿布にオススメのオイル ・・・ ペパーミント、ウィンターグリーン、ラベンダー
*打撲のなど炎症を鎮めたい時に。

[伊木政江]

先頭にもどる

Posted in メンテナンス / アロマセラピー | トラックバックURL | Trackback (0)

トラックバックURL